方 (ほう) − 左右に伸びゆくもの / 然 (さ) − 森羅万象そのもの
リビングにひろがる宇宙をひとつ、お乗せください

この台(トレイ)は、お客様の瞬きの世界観を受けとめます。時にそれは豊かに広がり、時に僅かの余白をつつましやかに提案し、美しく場を飾ります。

HOU-SA(ホウサ)について

明色/ CLEAR

タモ材の本来持つ色味が楽しめる【明色】。 一般的に「クリアー」や「ナチュラル」と呼ばれる色味です。

生命力に溢れた美しい木目とシンプルな形状は上に乗せたものを引き立たせクラス感ある背景を演出します。

暗色/ DARK

抑えられた明度と彩度の【暗色】。それはこの台の削ぎ落とされたなデザインを際立たせます。控えめなまでの佇まいですが置かれた場を厳かに引き締め、名脇役として場の景色を演出します。

(この色は暗いところではブラックに、明るいところでは赤みの在るダークブラウンに見えます。)

サイズ

方(ほう)の字は、四角な形。方形。また、角ばったさまという意味もあります。
そのものそのかたちで美しいー こだわったフォルムを楽しんでいただければ幸いです。

長さ30cm

長さ40cm

長さ50cm

長さ60cm

設え

SHIMOO DESIGN さんと同じ、富山県の山崎製紙さん特製の化粧箱にいれお届けいたします。

お客様のお手元に隙なく届ける。

納品の際は、富山県の山崎製紙さんが丁寧につくった特製の化粧箱にいれお届けいたします。

それは自分の手を離れ旅立つ作品への色んな心配り。

場を飾る役目を担うから、箱を開けた瞬間からの美しさにこだわります。

HOU-SA(ホウサ)の使い方

シンプルな佇まいを醸す花台として

控えめでありながら場を立たせる飾り台として

HOU-SA(ホウサ)の作り手

shimoo design(シモオデザイン)

下尾和彦 下尾さおりによるユニット作家。 お互いに家具づくりの修行を経て1997年にアトリエを設立。 日本の文化や美意識を現代の生活に落としこむことを目的としています。

主に木製家具、インテリア小物のデザイン、制作、また他の素材を使ったプロダクトデザインも手がけます。 あくまでもMADE IN JAPANを基本に、流行や時代を感じさせない「日本の美」を追求しています。

富山県にあるshimoo designの工房。作業の「音」を染み込ませた道具たちが、作品に傾ける長い時間を想起させます。

shimooデザインの作品は全て手作業で生まれてきます。時間をかけて無垢材を一枚一枚削り出すその様子は木材加工というより、彫刻に近い。

彼らの手により意味を授かり、「材」から生まれ変わった「品」は、道具としての機能を全うしつつ、芸術作品のような威光を備えます。

shimoo作品は基本的に、用途としての名前は冠されていません。お客様だけの用途で、末永くお付き合い頂ければ幸いです。