レシピ提供 / 坊千代 岳野基道 協力 / コトホギ屋

サワークリームと白餡の絶妙バランス
さくらんぼの生八つ橋と、季節の冷たいハーブティーをご一緒に。

写真で使われているモノ

shimoo design

膳 幸(SAKI)

22,050円(税込)



材料


生八ツ橋

 

水 100cc / 上新粉 70g / 白玉粉 30g / 上白糖 50g

サクランボ20個 / 白餡 50g / サワークリーム 25g

片栗粉(打ち粉用)適量

ハーブティー

 

水 400cc / ミント 4g / 砂糖 40g / スダチ 1個

作り方

01

八つ橋を仕込みます。蒸し器に水をはって鍋に火をかけ
蒸気がしっかり上がるようにしておきます。


02

上新粉と白玉粉を入れたボールに、ダマにならないように水をゆっくり入れ混ぜ、合わさったら上白糖を加えます。


03

なめらかになるまで練り合わせたら、蒸し器に流し入れ、強火で30分しっかり蒸します。

04

蒸している間にハーブティーを仕込みます。
水400ccを沸騰させ、葉を取って洗ったミントを入れて、火を止め3分蒸らします。ザルでミントを漉しながら、茹で汁をボールに移します。漉したミントはみじん切りに。


05

茹で汁に砂糖を加えてスダチを絞ったら、氷水に当てて冷やしておきましょう。冷えたらハーブティーは完成です。

06

ボールで白餡とサワークリームを練り合わせます。
蒸し上がった八つ橋の生地をこね、みじん切りにしたミントを加えてのばします。

07

適量の餡をさくらんぼと一緒に八つ橋の生地に包み込みます。

ポイント


  • 八つ橋は強火で蒸すと食感が良くなります。
  • ミントは加熱せずに蒸らして香りをだけ抽出しましょう。
  • ミントの葉はなるべく細かく刻みましょう。
  • 皮をのばす時は、こまめの打ち粉(片栗粉)を。


 


  • 商品名さくらんぼの生八ツ橋とハーブティー
  • 販売価格

    0円(税0円)

  • 購入数