KABEGAMIYA HONPO × Yarn produced by Fukahori Riusuke

こぽ  こぽ  こぽ

ここは朝日が一番にさしこむ東窓の下
ここの水はいつもすこしあったかい



野山を越え空をわたり、季節の風とともに お客様の周りを彩りにやって来たのは、金魚養画場で生まれた賑やかファミリー・金魚壁紙『金ぴと』。



この壁紙、切り抜いて裏面に糊を塗ることで、繰り返し貼って剥がせるウォールステッカーとして機能します。



新しい年、お部屋金魚水槽化計画
はじめませんか。

lineup.

『金ぴと』には斑蘭/玉蘭/緋子蘭/繚蘭の4種類があります。 窮屈に押し込まれたシートの中から金魚たちを開放し、 お客様だけのストーリーを壁に描いてあげてください。

絵のテクスチャーを再現するため何度も印刷テストを繰り返した結果、台紙には色再現性が高く、こすれに強いフランス製の「Wall Paper Persomural 170」を採用。

そこに高濃度顔料インクで擦り出された金魚は、触れてもなお印刷物であることが信じがたいほどの再現性を誇っています。


美術作品としての価値も高い深堀隆介の金魚を是非お手元でお確かめください。

勉強会を自分の家でやることになったぶち太が憂鬱なのは、部屋に劣等感があるとかではなく、うちのおやつがちょっと変わってるからだ。みんなが集まってほどなく、母が階段を上がってきた。顔を伏せる彼女をよそに、母らんちゅは満面の笑みで梅干しの瓶のふたを開けた。

親の直感は怖い。夜中2時に起き出し、こっそり家を出て友達と集まろうとしていたぷり郎は思った。一度寝たら滅多に起きない父が、こういう日に限って居間で新聞を読んでいる。気配を消してやっと玄関まで辿り着いた彼に、朝までには帰って来るんだぞ、母さんが心配するからなと声をかけた出目紺の目は、あながち怒っているわけではなさそうだ。

君いいねと声を掛けてきたのはさっきので二人目だった。なんだろう、確かにいま美容室を出たばっかりだけど、そんなに髪型がキマってるのかしら、君いいね、ほらまた。顔を上げた緋子が足を止めたのは、その人の顔が、実家の犬に少し似ていたからだった。

誰よりも大きな声で声援を送るらんちゅと、その横の誰よりも真剣にビデオカメラを構える出目紺と、その横の誰よりも難しい顔で梅のおにぎりを頬張るぶち太を尻目に、運動会独特の緊張感の中、ぷり郎はスタートラインに立っていた。

クラウチングスタートのクラウチングってどういう意味だろう、そんな雑念に気を取られた一瞬の隙にパァンという音が鳴り響き、若干で遅れて手にした借り物競争の札には「つけひげ」と書かれていた。

how to paste.

当商品の裏面にはノリが付いていません。

また、はじめからカットもされていません。

付属のノリ・ハケ・ローラーを駆使し、 過程を楽しみながら壁に貼ってください。


一番大きいサイズ(繚蘭#444)を貼る際の所要時間の目安


  • 切る:20分

  • 塗る:20分

    (但し、二度塗りをし十分に乾かせます)

  • 貼る:20分

「てめえで切って貼ってください。」てめえは手前。お客様のお手元での意味。切り取り線は印刷されていますが、どこでどんな風に切っても大丈夫です。

1枚の紙から金魚が解き放たれる瞬間を自由に楽しんでください。

最初にハサミを入れるときなんだか「もったいないなぁ」と思うかもしれません。 「金ぴと」の工程の中で一番緊張感や集中力が高まる瞬間です! 余白を多めに取ってゆっくり切っていきましょう。

このノリは特別なノリ。ぴとっと貼りぺりりっと剥がせます。

ノリの薄いところは粘着力が弱くなるので、厚さにムラがでないよう二度塗りします。充分に乾かすとビニル壁紙や窓等へ繰り返し貼って剥がすことができます。

切ったものを裏返し、一番大きな面のものに付属のノリを広げます。1度目は1mmほどの厚さで塗り、20度ほどの室温で30分乾かします。(お急ぎの場合はドライヤーでザッと風をあててください。)二度目は気持ちすこし厚めに塗り3時間ほど乾かしてください。

お部屋を金魚水槽化!付属のローラーをコロコロし、空気を抜いて壁に圧着します。

楽しい音楽と一緒に壁にどんどん貼っていきましょう。なんだか違うなと思ったら、剥がして繰り返し貼りなおすことができます。

下地表面の汚れやホコリ、油分や水気などはきれいに拭いて表面を乾かしておきます。目立たない場所で小さな和金さんを使い、試し貼りをしてみてください。付属のローラーをうまく使い、キレイに仕上げてください。

深堀隆介ファミリーが切って塗って貼りました! 見れない方はYouTubeページから

こんな壁には貼れません

土壁などの粉っぽい下地 / レンガ等の凸凹が激しい面 / 油汚れの激しい面 / 塗装の劣化や剥がれが激しい面 / 織物壁紙や繊維が浮いたような下地


貼る前にご確認ください

直射日光にさらされる所、高温になる所で長期間使用された場合、剥がしたあとで粘着材が残ったり、色が褪せることがあります。ステッカーの粘着面同士が合わさると、強く貼り合わされ、紙が離れなくなる恐れがあります。

designer.

風鈴が、実体のない風に音を付けることができるように、 現を泳ぐ実体のない金魚に色を差すことができる作家。
深堀隆介(ふかほり りゅうすけ)氏。

左:『金魚酒』

桶に樹脂を流し込み、直接そこへアクリル絵具で金魚の絵を描いていく。羽田空港ディスカバリーミュージアムでも取り扱われている、高い人気を誇る深堀隆介氏の代表作。

2012年1月、ICN galleryにてその製作過程が紹介され、大きな話題となりました。その時の動画がこちら↓

(下記動画はICNより許可を得て転載させていただいております。無断転載はおやめください)

ICN Gallery 個展時放映映像 観れない方はvimeoページから

『僕は、金魚という存在に表現すべき全てを見た男で、いわば金魚に秘められた「言語」を聞いて言葉を発するように表現しているだけです。』

作家公式ブログ 「金色の鮒」2012/01/10より



氏の中で美しいと思う金魚が生まれ、それを様々な表現で世に放つ金魚洋画場の主(あるじ)、 深堀隆介氏。

右:『韓雪(からゆき)』

水の中で大きく翻り、腹部を顕にした彼女の瞳には、恍惚としたものが宿っているように見える。 身近付いてみると、なぜか抱きしめたくなる衝動に駆られた。

その作品は樹脂、立体、平面、パフォーマンスなど多岐にわたる。

深堀氏のファンの方もはじめて知った方も、このプロダクト「金ぴと」で、深堀氏の金魚世界をぐんっと間近で体感し、水槽化した楽しい空間に身をゆだねたら、最高に元気な夏を迎えることができるのではと、思いつつ。

左:『天樫ノ緋魚(あまかしのひのな)』

別名「落葉金魚(らくようきんぎょ)」。 血肉を脱ぎ捨てた4mの金魚は、住処からも重力からも解き放たれ、自由を謳歌しているように見える。



パッケージ内容

・壁紙本体 1枚(1梱包に1枚入っています)
・糊 ・刷毛 1本 ・ローラー 1本
※ハサミは付属しておりません。別途ご用意ください。

壁紙のサイズ

斑蘭(ぷちらん)/玉蘭(たまらん)/緋子蘭(ひこらん):50cm×100cm・各¥9400 (税込¥9,870)

繚蘭(りょうらん):100cm×100cm ・各¥14,850(税込¥15,593) 完売

配送について

500円(税込)

※離島・沖縄・北海道は別途送料がかかります。(ご注文いただきましたら、送料をご返信させていただきます)

発送日について

● 在庫があるものは即日、ないものはご予約となり6月下旬より順次発送致します。

● お届け日、午前・午後の指定は可能ですが、時間指定は承れません。

返品・交換について

お客様都合によるキャンセル、返品、交換は一切出来ません。あらかじめご了承ください。

不良品につきましては、お届け日を含め7日以内に当店へご連絡ください。交換となりますので、不良品は捨てずに保管してください。当店にて不良個所を確認させていただいた後、良品と取り換えさせていただきます。




>>> うちわにも使えるグリーティングカード。深堀隆介監修 金風丸 3枚セットはこちら



 


  • 商品名深堀隆介監修ウォールステッカー「金ぴと」
  • 販売価格

    10,152円(税752円)

  • 購入数
  • 種類

     分類による価格詳細はコチラ